圧着スリーブの種類と使い分け!

電気工事

どうもじんでんです。今回は圧着スリーブについてお話ししたいと思います。

圧着スリーブとは、電線同士の接続に用いるものです。物理的な圧力で電線同士を接続します。

第二種電気工事士の試験にも出る「リングスリーブ」ってありますよね。あれって実は、圧着スリーブと言われるものの1つにしか過ぎないのです。第二種電気工事士を取得したばかりの方は「電線同士の接続はリングスリーブしかない」と思っている方も多いのではないでしょうか?第二種電気工事士の試験では、リングスリーブしか出題されないので無理もありません。

スポンサーリンク

圧着スリーブの種類と名称

圧着スリーブの種類は3つあります。

  1. リングスリーブ(E形スリーブ)
  2. 突き合せ用スリーブ(B形スリーブ)
  3. 重ね合せ用スリーブ(P形スリーブ)

リングスリーブも実はE形スリーブっていう別称があります。

スポンサーリンク

それぞれの用途と使い分け

先ほど挙げた3つには、それぞれ特徴があり使い分けが必要です。

誤って使用すると、圧着不足による接触不良や電線の抜けなんかが発生します。キチンと理解して適切に使用しましょう。

リングスリーブ(E形スリーブ)

リングスリーブは主に、VVFケーブルなどの単線同士の接続に使用します。

サイズは小・中・大があります。

それぞれのスリーブのサイズで、接続できる電線サイズや本数が変わってきます。

突き合せ用スリーブ(B形スリーブ)

突き合せ用スリーブは主に、より線同士の接続に使用します。両側よりそれぞれの電線を圧着する為に、直線的な施工ができます。

基本的に同じサイズの電線同士を接続します。

サイズはm㎡毎に用意されています。2sqと2sqを接続したい場合は、「B2」を使用します。

8sqまでなら単線の接続もでき、単線とより線の接続にも使用できます。

重ね合せ用スリーブ(P形スリーブ)

重ね合せ用スリーブはより線同士の接続に使用します。簡単にいうと、より線用のリングスリーブといったところです。

こちらは違うサイズの電線も接続でき、接続する電線のsqの合計でスリーブのサイズを選定します。

サイズはsq毎に用意されていています。2sqと2sqを接続したい場合は、「P5.5」を使用します。

複数本の接続も可能となっています。

スポンサーリンク

まとめ

  • 圧着スリーブは電線同士を接続するもの
  • 種類は3種類ある
  • リングスリーブもそのひとつ
  • それぞれ接続できる電線の種類が違う
  • 基本は単線はリングスリーブ、より線はB形かP形を使う
  • 適切に使用しないと接続不良による過熱などが発生する

電線同士の接続は後々は隠蔽部になり、普段見えないところになります。なので接続不良があると一時的には問題なくても、後々に過熱により火災に繋がる事もあります。きちんとしたスリーブを使用し適切に施工しましょう。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

電気工事
スポンサーリンク
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント

スポンサーリンク