直列リアクトル(SR)ってなに?

高圧受電設備

どうもじんでんです。今回は直列リアクトルの解説です。近年では、進相コンデンサに併せて設置するのが標準になっています。

スポンサーリンク

直列リアクトルとは?

直列リアクトルとは「SR」とも呼び、「Series Reactor」の略称です。

進相コンデンサにセットで設置される機器です。昔は設置が任意でしたが、近年では原則で設置する事となっています。これはJISや高圧受電設備規程で定められています。

スポンサーリンク

設置の目的

直列リアクトルの設置の目的は、大きく次の通りです。

  • 突入電流の抑制
  • 高調波への対策

それぞれについて詳しく解説します。

突入電流の抑制

進相コンデンサを投入すると、定格電流の数十倍の突入電流が流れます。これによりヒューズの溶断や、異常電圧による保護継電器の誤動作が発生する場合があります。

直列リアクトルを設置すると、突入電流を5〜10倍程度に抑える事ができます。

高調波への対策

進相コンデンサには、高調波を増幅させてしまう作用があります。これは電源側の誘導性リアクタンスと進相コンデンサによる容量性リアクタンスが並列に接続されている事により、並列共振作用によって引き起こされる為です。

これの対策として直列リアクトルを設置します。直列リアクトルを設置し、合成インピーダンスを誘導性にする事でこれらを防止します。

スポンサーリンク

種類

直列リアクトルには冷却方式によっていくつかの種類があります。

油入自冷式

油入自冷式はリアクトルを絶縁油で満たしてパッケージしたものです。

特徴として安価である事が挙げられます。

乾式モールド

乾式モールドは絶縁油を使用していないコンデンサです。

オイルレスである事で、火災防災上のメリットがあります。油入自冷式に比べて高価ですが、小型で軽量な傾向であるのが特徴です。

スポンサーリンク

選定

直列リアクトルの容量選定は、進相コンデンサの容量の6%が標準となっています。直列リアクトルの目的として高調波への対策があり、その為に容量の選定が重要となります。

第5高調波で計算すると、約4%以上あると高調波の抑制に効果がある結果となります。これから余裕を持って6%を標準としています。

また第3高調波が多い場合は、13%を設置すると効果があります。しかしこの場合は、進相コンデンサの端子電圧が上昇します。よって併せて、進相コンデンサも13%に対応しているものを選定しなければいけません。

スポンサーリンク

まとめ

  • 直列リアクトルは「SR」とも呼ぶ
  • 進相コンデンサとセットで設置される
  • 設置の目的は「高調波への対策」と「突入電流の抑制」
  • 容量は6%が標準

直列リアクトルは、現在は原則として設置となっている機器です。進相コンデンサとの組み合わせを間違えると、焼損などに繋がります。各項目をよく理解しておきたいですね。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。九州に住んでいる30代です。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
高圧受電設備
スポンサーリンク
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント

スポンサーリンク