【電気用語解説】需要家・需要設備

電気用語

どうもじんでんです。今回は初見では、よくわからない「需要家」「需要設備」について解説したいと思います。

スポンサーリンク

需要家とは?

需要家とは一般的に「電気、ガス、水道のサービスを供給を受ける者」を指します。

電気の供給を受ける、個人や法人の事を需要家と言います。また契約電力でいくつかに分けられます。

低圧需要家

低圧需要家は、契約電力が50kW未満の需要家を指します。

また名前の通り、低圧で受電する需要家でもあります。一般の家庭はこれに該当します。

高圧小口需要家

高圧小口需要家は、契約電力が50kW以上500kW未満の需要家を指します。

高圧で受電する需要家において、比較的に契約電力が少ない需要家です。小規模な工場やビル、施設があります。高圧大口需要家とまとめて高圧需要家とも呼んだりします。

高圧大口需要家

高圧大口需要家は、契約電力が500kW以上2000kW未満の需要家を指します。

高圧で受電する需要家において、契約電力が多い需要家です。中規模な工場やビル、施設があります。高圧小口需要家とまとめて高圧需要家とも呼んだりします。

特別高圧需要家

特別高圧需要家は、契約電力が2000kW以上の需要家を指します。

特別高圧で受電する需要家です。大規模な工場やビル、施設があります。

スポンサーリンク

需要設備とは?

需要家に似た言葉で、「需要設備」と言う言葉もあります。

需要設備とは、電気事業法施行令第27条3項13号にて定義され「電気を使用するために、その使用の場所と同一の構内(発電所又は変電所の構内を除く。)に設置する電気工作物の総合体をいう。」とされています。

※2020年8月時点での電気事業法施行令を参照しています。できる限り最新のものを参照して更新したいと思いますが、タイミングで相違がある場合がありますのでご注意下さい。

簡単に言うと同一構内の電気工作物全てを指します。

例えば高圧で受電する工場であれば、受変電設備(キュービクル)や構内の電線路、使用機器(電動機や蛍光灯、コンセント等)などの全ての電気工作物が対象です。

電気工作物についてはこちらも記事をご覧下さい。

コメント

スポンサーリンク