【レビュー】検相器の定番!HIOKIのPD-3129

測定器関係

どうもじんでんです。今回は検相器のオススメを紹介したいと思います。

検相器とは相回転計とも呼んだりもする、相回転を測定する測定器です。測定器と言えばHIOKIという事で、今回もHIOKIのものを紹介します。

スポンサーリンク

日置のPD-3129

今回、紹介するのはHIOKIのPD-3129です。PD-3129には2種類あり「PD 3129」と「PD-3129-10」があります。

これら2つは基本的な性能には違いはありません。違いは電線を噛ませるクリップのサイズです。PD-3129は外径2.4〜17mmで、PD-3129-10は外径7〜40mmの電線で測定する事ができます。

私のオススメはPD-3129-10の方です。しかし業種により向き不向きがありますので、よく使う電線サイズを確認してから決めて下さい。

スポンサーリンク

スペック

  • 測定可能電圧…AC70V〜600V
  • 周波数…45Hz〜66Hz
  • 電源…単3電池×2本

※スペックは抜粋して記載しています。詳しくはメーカーのホームページなどを参照下さい。

スポンサーリンク

特徴

PD-3129には他の検相器にはない、素晴らしい特徴があります。それらを紹介していきます。

被覆の上から安全に測定

相回転を測定する上で、クリップを充電回路に接続する必要があります。今までの機種は活線部に接触させる必要があり、感電や短絡の危険性がありました。

このPD-3129では、なんと電線の被覆の上からでも測定できます。これにより、感電や短絡の危険性がなく安全に測定する事ができます。また、クリップにも金属部が無く安全です。

被覆の上で測定できるので測定箇所を選ばない為、ベストな場所で測定でき間違いを減らす事ができます。

相回転の表示

昔の検相器は、相回転の表示を円盤の回転や、ランプの回る方向で表示していました。これらは時に分かりにくく、特に円盤のタイプは回り始めると判断が難しい時がありました。

このPD-3129では従来のランプの光る順番での表示はもちろん、正相の時にのみ光るランプで表示してくれます。これによりパッと見ただけで、点灯していれば正相、消灯なら逆相と直感的に判断できます。

またブザー音による判断も可能です。正相なら「ピッ、ピッ、ピッ」となり、逆相であれば「ピー」となり違いがあります。これも地味にありがたい機能です。

本体固定のマグネット

検相をする際に、3本のクリップを測定回路に接触させます。この時、本体がとても邪魔になります。

PD-3129は本体の裏にマグネットが内蔵されています。これにより盤に固定でき、電線も引っ張る事なく測定する事ができます。

ちょっとした事ですが、測定の際のイライラを解消させてくれます。

本体の収納袋

PD-3129には付属で収納袋が付いてきます。PD-3129でもPD-3129-10でも同じものが付属されます。

PD-3129では難なく収納できるのですが、PD-3129-10では少しキツい感じです。綺麗にまとめて収納しないとチャックが閉じません。

もう一回り大きくして貰えるとありがたいです。少しだけマイナスポイントです。

ある程度、まとめても収納袋がいびつな形になります。時間をかけて綺麗にまとめれば良いのでしょうが、さっと片付けれれる方が良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • PD-3129とPD-3129-10があり、違いはクリップの大きさ
  • 被覆の上から測定でき安全
  • 相回転の表示はランプとブザー音で判断できる
  • 本体はマグネット内蔵で盤に固定できる
  • PD-3129-10は収納袋に綺麗にまとめないと入らない

検相器と言えばこのPD-3129と言うくらい、メジャーなものです。特に不便な事もなく、これを選べば間違いなしと言ってもいいでしょう。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント

スポンサーリンク