【レビュー】切れ端が飛んでいかないニッパー!ツノダのつかめるニッパー

TH-150NCのアイキャッチ 工具

どうもじんでんです。電気工事をしていると電線を切ったり、結束バンドを固定して余分を切ったりしますよね。ペンチやニッパーで切った時に、切れ端が勢いよく飛んでいったなんて経験ありませんか?

現場にゴミを残さないのは仕事の基本です。なので多くは切れ端が飛んでいかないように、手で握りながら作業していると思います。

もし切れ端が飛んでいかなくて片手で作業できるとしたら、作業効率が大幅に向上すると思いませんか?

今回は、そんな切れ端が飛んでいく問題を解決してくれるニッパーを紹介します。

ツノダのつかめるニッパーTH-150NC

切れ端が飛んでいかない便利なニッパーがあります。それはツノダのつかめるニッパーです。

ツノダは、ペンチやニッパーなどの作業工具を製造販売する国内のメーカーです。私は正直あまり知らないメーカーでしたが、つかめるニッパーの存在から注目していこうと思います。

つかめるニッパーは、切ったと同時に切れ端をニッパーが掴んでくれます。これにより切れ端がどっかに飛んでいくことを防いでくれます。

この手の便利アイテムは、着眼点は良いが性能がイマイチなんてことも多いです。しかしつかめるニッパーは性能面も十分、実用的な製品となっています。

つかめるニッパーは複数の種類が発売されています。私はストレート刃タイプで150mmサイズのTH-150NCを選びました。

ツノダのつかめるニッパーをおすすめできる人は、次のような人です。

  • 切れ端が飛んでいって煩わしいと思っている人
  • 結束バンドや細い電線をよく切る人

総合評価

製品名つかめるニッパー TH-150NC
総合おすすめ度4.0
TH-150NCのおすすめ度
項目評価備考
サイズ4.0一般的なサイズで扱いやすい
切断能力3.0一般的な性能がある
付加機能5.0切れ端を掴める
TH-150NCの総合評価

※評価については、他メーカーの同等クラスの製品との比較や、個人的な主観を元に点数を付けています。

スペック

製品名つかめるニッパー TH-150NC
サイズ150mmサイズ
刃の形状ストレート刃
切断能力銅線 2㎜
より線 2.0㎜2
プラスチック 4㎜
結束バンド最大保持幅9㎜
TH-150NCのスペック

内容品

  • 本体
  • パッド(予備)×2

切れ端が飛んでいかない

ツノダのつかめるニッパーTH-150NCの特徴は、なんといっても切れ端が飛んでいかないというポイントです。

なぜ切れ端が飛んでいかないかというと、刃の上部にパッドが装着されており、このパッドが切れ端を掴んでくれます。切れ端はニッパーで掴まれているので、そのままゴミ箱に持っていくことも可能です。

TH-150NCのパッド部分

使用感

気になるのがどのくらい掴めるのかだと思います。

実際に電線や結束バンドなどを切ってみたところ、しっかりと切れ端をキャッチしてくれます。

より線のKIV電線を切ってみましたが、細い素線もしっかりとキャッチしてくれます。

TH-150NCの切断性能

切れ端はニッパーを開くと簡単に落ちてくれて、ゴミ箱に直接入れることができます。

しかし先ほどのKIV電線は細すぎる為か、何本かはパッドに張り付いたままでした。これはしょうがないかもしれませんが、少し残念なポイントです。

パッドは交換可能

パッドは樹脂でできているので、使っているとどうしても劣化してしまいます。劣化すると掴む能力は落ちてしまいます。そうなるとつかめるニッパーもただのニッパーとなってしまいます。

しかしつかめるニッパーはパッドが交換できるようになっており、新品の状態にすることができます。

つかめるニッパーにスペアが2セット付属しており、パッドだけの購入も可能です。

パッドが交換可能なので、長期間使用することができポイントが高いです。

パッドの交換方法

パッドはニッパー本体にネジで固定されています。

ネジを外すとパッドが取れるので、スペアのパッドを装着してネジで固定すれば完了です。

TH-150NCのパッドの交換

簡単に交換できますね。

切断能力も十分

つかめるニッパーTH-150NCのような便利アイテムは、便利だけど本来の性能は今ひとつなんてこともあります。しかしつかめるニッパーは、ニッパー本来の性能も十分あります。

今回選んだストレート刃タイプで150mmサイズのTH-150NCは、銅線なら2㎜、より線なら2.0㎜2の切断能力があります。

150㎜サイズのニッパーなら最上位の性能とまではいきませんが、十分な性能は持っています。

切断性能を求めないのであれば、小型の125㎜サイズのTH-125NCも選択肢の1つです。

強力タイプなら更に性能が高い

更に切断性能を求めるなら、強力タイプもおすすめです。

強力タイプの150㎜サイズのTH-150CNCは銅線なら2.6㎜、より線なら3.5㎜2の切断能力があります。

ただし強力タイプはラウンド刃となっているので、結束バンドを切ると切り残しが発生するのがデメリットです。

まとめ

  • パッドにより切れ端を掴むことができる
  • パッドは交換可能
  • ニッパーとしての切断能力も十分

つかめるニッパーは、早く購入すべきアイテムだったと思うくらい便利なアイテムです。一度使うと普通のニッパーには戻れません。

ニッパーとしての性能も十分なので、普通のニッパーと置き換えられます。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
工具
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント