【レビュー】ちょっと高性能なカードテスター!共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019R

共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019Rのアイキャッチ 計測器

どうもじんでんです。電気屋にとって大事な道具の1つにテスターがあります。テスターにも色々と種類はありますが、常に携帯しておくのに便利なカードテスターがあります。カードテスターはポケットに入るサイズで、携帯するのに便利です。

そんなカードテスターの定番と言えば、HIOKI(日置)の3244-60です。多くの人がHIOKIを使っている印象です。

しかし計測器メーカーといえば、共立電気計器があります。今回はそんな共立電気計器のカードテスターを紹介します。HIOKIの3224-60とは、一味違った特徴があります。

共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019R

共立電気計器(KYORITSU)と言えば、日本で初めてクランプメーターを開発したメーカーです。クランプメーターを代表に、様々な計測器を発売しています。私も多くの共立電気計器の製品を使用しています。

そんな共立電気計器から、カードテスターとしてKEW1019Rが発売されています。HIOKIの3224-60の共立電気計器版かと思いきや、全く違った特徴を持っています。

タイトルにあるようにKEW1019Rは、カードテスターとしては高性能な部類に入ります。しかし所詮はカードテスターです。他の大型のテスターに比べると性能は劣ります。その辺りはご注意下さい。

共立電気計器のKEW1019Rをおすすめできる人は次の通りです。

  • 真の実効値方式のカードテスターが欲しい人
  • 静電容量(キャパシタンス)が測れるカードテスターが欲しい人

総合評価

製品名デジタルマルチメータKEW1019R
総合おすすめ度4.2
KEW1019Rのおすすめ度
項目評価備考
サイズ3.0標準的なサイズ
機能5.0静電容量測定に対応
操作性4.0片手で操作可能
付属 5.0収納ケースが便利
性能4.0True RSMに対応
KEW1019Rの総合評価

※評価については、他メーカーの同等クラスの製品との比較や、個人的な主観を元に点数を付けています。

スペック

製品名デジタルマルチメータKEW1019R
直流電圧0〜600V
交流電圧0〜600V
抵抗0〜40MΩ
静電容量0~600μF
サンプルレート2.5回/s
電源コイン形リチウム電池 (CR2032)×1
サイズ55×115×10mm(本体) 
85×125×17㎜(収納ケース)
重量80g(本体のみ) 
135g(収納ケース含む)
KEW1019Rのスペック

※抜粋して記載しています。詳しくはメーカーのサイトなどをご参照ください。またスペックの一部は実測値を記載しています。

内容品

  • 本体(測定リード含む)
  • 収納ケース
共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019Rの内容物

高性能なカードテスター

共立電気計器のKEW1019Rは、HIOKIの3224-60に比べて高性能と言えます。そのポイントは2つあります。

真の実効値方式に対応

交流回路には波形が存在し、実効値や最大値などが存在します。私たちが一般的にコンセントの電圧を100Vと表現しますが、これは実効値を表しています。

この実効値をテスターで測定する時は、主に2つの方式で変換されて表示されています。

  • 平均値方式(MEAN)
  • 真の実効値方式(True RSM)

平均値方式では、歪みのない正弦波であれば誤差は少なく問題ありません。しかし最近はインバーター機器などの増加により、高周波成分を含んだ回路が増えています。この様な回路では、平均値方式では誤差が大きくなってしまいます。

真の実効値方式を採用したテスターであれば、高周波成分を含んだ回路でも問題なく測定できます。

よって真の実効値方式の方が、測定器としては優れていると言えます。

真の実効値方式(True RSM)について詳しくは、こちらの記事で解説しています。

共立電気計器のKEW1019Rでは、この真の実効値方式を採用しています。HIOKIの3224-60は平均値方式を採用しているので、KEW1019Rの方が高性能と言えますね。

静電容量が測定できる

共立電気計器のKEW1019Rでは、次の機能を備えています。

  • 交流電圧測定
  • 直流電圧測定
  • 抵抗測定
  • 導通チェック
  • 静電容量測定

一般的な機能はもちろん対応していますが、おすすめポイントとして静電容量(キャパシタンス)の測定に対応しています。

カードテスターでも、静電容量測定に対応しているのは嬉しいポイントです。しかし静電容量測定は、必要な人と不要な人が分かれると思うので、不要な人にとっては余計な機能ですね。

コンデンサの容量測定をする必要がある人にはおすすめできます。

高機能な収納ケース

共立電気計器のKEW1019Rには、標準でハードケースが付属します。現場で使用する人にとっては、ハードケースは嬉しいです。

このハードケースは、非常に考えられて作られていると感じます。直接的に性能には関係しませんが、現場でのちょっとした煩わしさを解消してくれます。

またハードケースは、現場での使用などにおいて破損することも考えらえます。そんな人の為に共立電気計器では、ハードケース単品でも発売されています。破損してしまったなんて人はハードケース(MODEL9188)だけ購入できるのでおすすめです。

ケースの蓋が邪魔にならない

ハードケースの蓋は開けた後に、裏側に固定できるようになっています。蓋がパカパカせず邪魔にならないので、非常に便利です。スマートに測定できます。

共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019の収納ケース背面

HIOKIの3224-60では、蓋が邪魔になることも多く、手で押さえておかないといけません。

この部分だけでも、KEW1019Rを選ぶポイントとなりますね。

測定コードを固定できる

現場でテスターを使っていると時々、困った状況に陥ります。片手では届かない間隔の場所を測定しようと、測定コードを両手にそれぞれ持って測定すると、テスター本体が宙吊りになり計測値が見えないなんてことが起こります。

机の上ならテスター本体をちゃんと置けば解決しますが、現場では中々そうはいきません。

そんな問題をKEW1019Rは解決してくれます。

KEW1019Rのハードケースには、測定コードを固定できる様に作られています。この機能により片手は本体&測定コードで、もう片手は測定コードのみを持つことができます。よってきちんと測定値を確認しながら測定できます。

共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019Rの収納ケースの測定コード固定部

この機能は現場で困ったことがある人には、グッと刺さる機能ではないでしょうか。

固定自体もしっかりしていて安定して使える印象です。

キャップを保管できる

共立電気計器のKEW1019Rでは、CATⅢ300Vまで対応しています。その為に測定コードの先端部がキャップで覆われており、限りなく導体部が少なく設計されています。

しかしこの状態だと、コンセントでの測定では差し込めません。それを解決する為にキャップとなっており、CATⅡでは外して使用できる様になっています。

外したキャップは、ハードケースに収納場所が設けられています。キャップ自体が小さいので、無くならない様に収納場所があるのは有り難いですね。

共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019Rの収納ケースのキャップ収納場所

キャップの収納はかなりしっかりとしており、多少荒く使っても外れませんでした。逆に少し脱着しづらい感じはあります。この辺は好みの問題かと思います。

測定コード部分はカバーできない

とても考えられたハードケースですが、1点だけイマイチなポイントがあります。

それは収納状態では本体は問題ありませんが、測定コードの収納部は露出してしまいます。キャップの収納部も露出しています。

どうしても凹凸があるので、ポケットやバックの中などで引っかかったりしそうです。

共立電気計器のデジタルマルチメータKEW1019Rの収納ケースの収納時

この部分まで、カバーできると良いのかなと思います。

まとめ

  • True RSMに対応している
  • 静電容量が測定できる
  • ハードケースが優秀

カードテスターでは、HIOKIの3224-60がよく使われています。しかし今回、共立電気計器のKEW1019Rと比較してみるとこっちが優れていると感じました。

全ての現場において、多機能なのが良い測定器とは限りません。逆にシンプルな方が、良い場合もあります。

しかし高性能なカードテスターを求めるのであれば、KEW1019Rをおすすめします。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
計測器
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント