【レビュー】安心と信頼のフルークの検電器!1AC-A2-Ⅱ

1AC-A2-Ⅱのアイキャッチ 計測器
当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

どうもじんでんです。信頼できる電気の測定器メーカーってどこが思い浮かびますか?

HIOKIや共立電気などの日本メーカーも有名ですが、フルークってメーカーを知っていますか。フルークは外国のメーカーですが、テスターを使っている人をよく見かけます。

今回はそんなフルークの検電器を見つけたので紹介します。

スポンサーリンク

フルークの検電器1AC-A2-Ⅱ

フルークはアメリカに本社をおく、計測器メーカーです。1948年に創業し、日本でも1977年に支社ができている昔からあるメーカーです。個人的にも信頼のおけるメーカーの1つです。

この様にフルークは歴史のある有名なメーカーです。

電気業界ではテスターが有名なイメージです。フルークのテスターを使用している技術者も多いのではないでしょうか。

そんなフルークの製品で検電器を見つけました。正直、検電器があるイメージはなく、面白半分で購入してみました。

フルークの検電器にはいくつか種類がありますが、その中でも今回は1AC-A2-Ⅱを選びました。

初見の感想としては余計な機能の無い、安全性に特化した検電器です。言い方を変えれば、HIOKIやHASEGAWAの検電器にある様なライト機能や感度調整機能はなく、少し物足りない検電器とも言えます。

しかし、その様な機能は不要という人には良い製品ではないでしょうか。

フルークの1AC-A2-Ⅱをおすすめできるのは、次の様な人です。

  • 安全性が高い検電器が必要な人
  • 音の出ない検電器が必要な人
  • 余計な機能がない検電器が欲しい人
スポンサーリンク

総合評価

製品名1AC-A2-Ⅱ
総合おすすめ度3.2
1AC-A2-Ⅱのおすすめ度
項目評価備考
サイズ3.0低圧検電器にしては大きい
性能5.0AC1000Vまで対応
表現4.0発光及び音ともに十分いい
感度調整2.0電圧入力保護機能がいい
その他2.0消音モードあり
ライト機能や感度調整機能はない
1AC-A2-Ⅱの総合評価
スポンサーリンク

スペック

製品名1AC-A2-Ⅱ
使用電圧AC90V〜1000V
動作周波数45Hz〜405Hz
電源単4形乾電池×2本
サイズ約W25×H150×D15㎜
重量約54g(電池含む)
安全性能CAT Ⅳ 1000V
1AC-A2-Ⅱのスペック

安全性が高い

フルークの1AC-A2-Ⅱは、分類としては低圧検電器となります。

しかしスペック上はAC1000Vまで対応と、日本では高圧に分類される電圧まで使用できます。世界を対象に製品開発をしている、フルークだからこその性能といえます。

日本メーカーの検電器では、低圧回路用では600Vまでが使用範囲となっています。これについては性能はあるが、間違って使用しないために制限している可能性もあります。

日本国内でAC1000Vの検電が必要な状況はあまり考えられませんが、特殊な機器でその様な状況がある人にはおすすめです。

そんな状況がない人でも使用電圧の範囲が高いということは、絶縁性能が高いとも言えるのでより安全に使用できます。

また測定カテゴリーCAT Ⅳ対応なので、これも安全性能が高い証拠です。

測定カテゴリーについて詳しくは、こちらの記事をご覧下さい。

安全性が高いフルークの1AC-A2-Ⅱですが、その代わりに本体が他と比較して大きいです。携帯性を考えるとデメリットですね。

下記は、HIOKIの3481との大きさの比較画像です。

1AC-A2-Ⅱの本体サイズ比較

しかし安全性を考えるとしょうがないことではあります。

またフルークの1AC-A2-Ⅱは常時スタンバイタイプではないので、少し残念です。個人的には検電器は常時スタンバイタイプを推奨しています。

検電器の常時スタンバイタイプの解説は、こちらの記事で解説しています。

消音モード搭載

フルークの1AC-A2-Ⅱの大きな特徴として、消音モードがあります。

多くの検電器は電圧を検知すると、音と光にて知らせます。聴覚と視覚の2段階で知らせてくれるので、気付かなかったというヒューマンエラーを防止してくれます。

1AC-A2-Ⅱの発光

しかし周囲の状況によっては、音が鳴ることがまずい状況もあるのではないでしょうか。もちろん安全性を考えると、音と光の2段構えが最適です。

しかしお客様の要望で、音は鳴らして欲しくないという要望もあるでしょう。

フルークの1AC-A2-Ⅱでは、ボタンの長押しで消音モードに切り替えられます。消音モードでは、先端の発光のみでお知らせしてくれます。

一度電源を切ると通常モードに戻ります。

戻し忘れによる事故を防いでくれます。毎回変更するのは煩わしいですが、しょうがないでしょう。

オマケ機能はない

フルークの1AC-A2-Ⅱは日本メーカーの検電器によくある、ライト機能や感度調整機能はありません。

痒いところに手が届く機能がないのは少し残念です。

感度調整できないけど感度は良い

フルークの1AC-A2-Ⅱは、被覆の上からでも電圧を検知できる検電器です。

このタイプの検電器で、感度調整ができないのは不便に思うかもしれません。実際にコンセントで使用したところ、かなり電線に近づけないと検知しない感じでした。

接地相でも検知はしますが、感度調整は良い感じだと思いました。

乾電池なのは良い

電源が単4形乾電池×2本というのは良いですね。ボタン電池は、いざという時に無いのが困ります。

電池交換は、ドライバーのような先端の細いもので押してカバーを外してします。ちょっと固くて簡単には外せないのは残念ポイントです。

1AC-A2-Ⅱの電池カバー

まとめ

  • AC1000Vまで対応
  • 消音モードがある
  • ライトや感度調整機能はない

フルークの1AC-A2-Ⅱは正直、万人におすすめできる製品ではありません。機能が特化しているので、必要とする人とそうでない人に明確に分かれるでしょう。

パフォーマンスとしての検電器としては、見た目も安全性もありおすすめです。検査などで、測定してます感を出すには良いですね。

検電器選びでお悩みの方は、選び方やおすすめを紹介しています。こちらの記事も併せてご覧ください。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
計測器
スポンサーリンク
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント

スポンサーリンク