【疑問】作業用ライトの性能の基準 明るさに関する単位あれこれ

【疑問】作業用ライトの性能の基準 明るさに関する単位あれこれのアイキャッチ 照明
当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

どうもじんでんです。あなたはヘッドライトやワークライトを選ぶときに、何を基準に選びますか?

ライトに求めるのは様々ですが、大きなポイントとして明るさがあります。ライトは周囲を照らすものなので、明るさは大事なポイントですよね。

明るさを示す単位にルーメン(lm)があります。多くの作業用ライトのメーカーが、このルーメンで明るさの大きさを表記しています。

しかし同じルーメン(lm)でも、製品によって実際に得られる明るさは違うって知ってましたか?ルーメンの値が大きいほど明るいと思っていませんか?

ここでは明るさに関する様々な単位や関係について解説をします。

スポンサーリンク

明るさに関する単位

明るさに関連する単位は、主に3つあります。

  • 光束[lm](ルーメン)
  • 光度[cd](カンデラ)
  • 照度[lx](ルクス)

まずはそれぞれの基本について解説します。

光束[lm](ルーメン)

ルーメンは光束と言い、その単位は「lm(ルーメン)」です。

ルーメンは、光源から放たれる光の総量を表しています。

ルーメンの値が大きいということは、光源から放たれる光の量が多いということになります。光の量が多いということは明るいということです。

光束(ルーメン)の概要

光度[cd](カンデラ)

カンデラは光度と言い、その単位は「cd(カンデラ)」です。

カンデラは、全方向に放たれる光の一方向のみの光の強さを表しています。

カンデラは一方向の光の強さなので、照射距離にも影響します。カンデラの値が大きいほど、照射距離が長くなります。

光度(カンデラ)の概要

照度[lx](ルクス)

ルクスは照度と言い、その単位は「lx(ルクス)」です。

ルクスは、光源により照らされた面の明るさを表しています。

照度(ルクス)の概要

ルクスは光源と面の距離や位置関係で大きく値が変わります。光源に近いほど明るく、ルクスは大きな値になります。

よって作業用ライトのような使用環境が変わるような製品では、ルクスの表記はされていません。

スポンサーリンク

各単位の関係

それぞれの明るさの単位は、お互いに関係があります。それぞれの特徴を理解することで、本当に求めている作業用ライトを選ぶことができます。

ルーメンとカンデラの関係

作業用ライトは、多くの製品がルーメンによって明るさを数値化しています。

ルーメンの値が大きいほど明るいライトというのは、概ね間違いではありません。しかし、ライトの照射面が大きく違う製品を比べる場合は注意が必要です。

前述で、ルーメンは光源から放たれる光の総量と説明しました。仮に同じルーメン値の照射面が大きいワークライトと、照射面が小さいヘッドライトを比べて見るとどうなるでしょう。

照射面が大きいワークライトでは光が多くの面から放たれるので、一方向のカンデラで見るとカンデラ値は小さくなります。

照射面が小さいヘッドライトでは光が放たれる面が少ないので、一方向のカンデラ値は大きくなります。

このように同じルーメン値でも、カンデラ値が違うことが分かります。

ルーメンとカンデラの関係

照らされる面とライトの距離が同じであれば、1点で見るとカンデラが大きいほど照度(ルクス)が大きくなります。よってカンデラが大きすぎると、作業面が眩しいということにも繋がります。

このようにルーメンだけでは、ライトの明るさを比べられないことが分かります。

照射範囲

前述の応用で、ルーメンとカンデラの値が分かれば照射範囲も概ね分かります。

同じルーメンのライトを比べると、カンデラが小さいライトは広範囲を照らすことができ、カンデラが大きいライトは狭範囲となります。

このようにルーメンとカンデラが分かれば、照射範囲も知ることができます。

よって広い範囲を照らすライトが欲しい場合は、同じルーメンならカンデラが小さいものを選びましょう。

カンデラと照射距離

作業内容によっては、遠くまで照らすライトが必要となることもあるでしょう。

この時にルーメンだけで、ライトを選んではいけません。

遠くまで照らすということは、照射距離が長いということです。照射距離に直接、影響するのはカンデラです。

よって遠くまで照らせるライトが欲しい時には、カンデラの値を参考にしましょう。

ちなみにカンデラから照射距離を求めるには、次の式で求められます。

D=√(I / 0.25)

I…光度[cd]

スポンサーリンク

まとめ

  • 明るさに関する主な単位は3つ
  • それぞれを理解することでライトの特性が見える
  • ルーメンだけでライトを選んではいけない

多くの人が、ルーメンだけで作業用ライトを選んでいる現状があります。それは概ね間違いではありませんが、ルーメンだけで選ぶのは危ういです。

同じヘッドライトを比べるなら良いですが、ヘッドライトとワークライトを比べるのにルーメンだけでは不十分です。

しっかりと理解して、自分に合ったものを選びましょう。

またおすすめのヘッドライトはこちらで紹介しています。併せてご覧ください。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
照明
スポンサーリンク
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント

スポンサーリンク