【レビュー】Panasonicのミニドライバーが進化!高速回転になった充電ミニドライバーEZ1D11

充電ミニドライバーEZ1D11のアイキャッチ 工具
当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

どうもじんでんです。小型電動ドライバーを持っていますか?

ベッセルの電ドラボールを代表とする小型電動ドライバーは、かなり普及していますね。各社から同様の製品が発売されています。

1番有名な製品はもちろんベッセルの電ドラボールですが、パナソニックも負けていません。パナソニックは電気工事向けに作られているので、電気工事士には電ドラボールよりおすすめです。

今回はそんなパナソニックから、新型の小型電動ドライバーが登場したのでレビューしていきます。

Panasonicの充電ミニドライバーEZ1D11

パナソニックではこれまでに、充電ミニドライバーminiQuを発売していました。

しかし発売当初は電ドラボールの対抗馬として人気でしたが、他社製品がバージョンアップしており、物足りない感じになっていました。

従来品の良いところは引き継ぎながらも進化して、EXENAブランドより発売されたのが充電ミニドライバーEZ1D11です。残念ながらminiQuという名称は無くなった様です。

従来品のEZ7412と比較しながら、新型のEZ1D11を紹介していきます。

充電ミニドライバーEZ1D11をおすすめできるのはこんな人です。

  • パナソニックの電動工具を気に入っている人
  • 電気工事をする人
  • トルクより早さを重視した小型電動ドライバーを探している人

総合評価

製品名充電ミニドライバーEZ1D11
総合おすすめ度4.0
充電ミニドライバーEZ1D11のおすすめ度
項目評価備考
サイズ4.0小型で持ちやすいサイズ
重量3.0一般的な重量
操作性4.0プッシュ式スイッチを採用
付加機能5.0充電がUSB Type-Cに対応
性能4.0回転が高速
充電ミニドライバーEZ1D11の総合評価

※評価については、他メーカーの同等クラスの製品との比較や、個人的な主観を元に点数を付けています。

スペック

製品名充電ミニドライバーEZ1D11
最大トルク0.4N・m
回転数850min-1
手締め耐久トルク8.0N・m
重量170g
サイズ131×42×42㎜
バッテリー3.7V 850mAh
充電ミニドライバーEZ1D11のスペック

※抜粋して記載しています。詳しくはメーカーのサイトなどをご参照ください。またスペックの一部は実測値を記載しています。

内容物

  • 本体
  • ミニドライバー用ビットセット
    • +2 100㎜
    • +2 45㎜
  • USB充電ケーブル Type-A ~ Type-C 50cm
充電ミニドライバーEZ1D11の内容物

性能がパワーアップ

パナソニックの充電ミニドライバーEZ1D11の性能を従来品と比べて、パワーアップしたポイントを紹介します。

どれも、これまで不満だったことが解消されています。

回転数が3倍

充電ミニドライバーEZ1D11の大きな改善点として、回転数が850min-1にパワーアップしています。

従来品が230min-1だったので、3倍以上の速さになっています。

回転数が早いということは、締め付ける時間がそれだけ早くなるということです。時間的には⅓に短縮されますね。

しかしトルクは減少しているので注意が必要です。従来品が1.0N・mだったのに対して、EZ1D11は0.4N・mとなっています。

数値で見ると大幅な減少ですが、実際に使った感覚だと問題ない範囲と感じます。

コンセントプレートやブレーカー、端子台で試しましたが、トルクが足りないとは感じませんでした。なんならちょうど良いと感じるくらいです。

M3程度の端子であれば、十分な性能です。

しかし木材にネジを打つなど、トルクが必要な作業にはEZ1D11は不向きなのでご注意下さい。

またEZ1D11はブレーキ機能があり、スイッチを離すとピタッと回転が止まります。他社製品は惰性で少し回転してしまいます。

特に小さなネジの場合は、このブレーキ機能が非常に助かります。ブレーキ機能のおかげで、ネジ頭をなめることが無くなりました。

ライトの明るさが2.5倍

EZ1D11には先端を照らすライトが付いています。ライト機能は従来品や他社製品にもついています。

しかしEZ1D11のライトの特徴はメチャクチャ明るいところです。

スペック的には、従来品の2.5倍となっている様です。実際に使用してみましたが、体感して明るいと感じます。

先端のライトは、ネジを締める時にも役に立ちますが、簡易的なライトとしても役に立ちます。

現場では暗いところもあり、特に電気の仕事ではライトは必須アイテムですEZ1D11のライトは補助的なものですが、ライトが多い分には困りません。

性能以外もパワーアップ

性能も向上したEZ1D11ですが、直接は性能に影響しない部分も進化しています。使い勝手の良さも工具の大事なポイントですね。

充電端子がUSB type-Cへ

EZ1D11のめっちゃ良いポイントは、充電端子がUSB Type-Cになった点です。

最近は様々なデバイスの充電端子がUSB Type-Cですが、電動工具は未だにMicro-USBが多いです。

充電端子がUSB Type-Cになる事で、充電コードもスマホなどと共通になりますね。

コードが共通となることで、どんな場面でも充電できるのでおすすめです。自分で持っていなくても、誰かに借りて充電することもできます。

しかし残念なポイントは、端子カバーがないことです。端子剥き出しです。

充電ミニドライバーEZ1D11の充電端子

従来品のEZ7412も端子カバーがなく、現場での使用に不安がありましたが改善されませんでした。現場で使用する人は、汎用品の端子カバーをつけておくといいでしょう。

何故、パナソニックさんは端子カバーを付けてくれないのでしょうか。疑問が残ります。

スイッチが改良

従来品のEZ7412ではスイッチが本体より出っ張っている為に、誤って動いてしまうという不評がありました。確かに腰道具のドライバー差しに入れると物によっては誤動作していました。

EZ1D11では、その声に応えて改良されています。対策としてスイッチ部分が一段凹んでいます。これにより誤動作が減るでしょう。

充電ミニドライバーEZ1D11のスイッチ

しかしプッシュ式スイッチなので、状況によっては誤動作する可能性はあります。電ドラボールの様なスライド式スイッチなら、より誤動作の可能性が減って良かったかもしれません。

またスイッチは、半押しでライトのみが点灯する様になっています。

初めて触ると、押してるのに回転しないと戸惑ってしまいました。これは半押し状態で、更に押し込む事で初めて回転します。

慣れの問題ですが、半押しのボタンの遊びは大きい気がします。

落下防止コードが取付可能

高所作業など、現場によっては落下防止コードの取付が必須となっている場合があります。その様な現場では、従来品は使用できませんでした。

ですがEZ1D11には、持ち手部分に落下防止コードを付けられるストラップ穴があります。

充電ミニドライバーEZ1D11のストラップ

これにより、これまで使えなかった現場でも使用できます。

ちょっとしたポイントですが、大きな改良点です。

まとめ

  • 回転数が850min-1にパワーアップ
  • トルクは小さいので注意
  • ライトがめっちゃ明るい
  • 充電端子がUSB Type-CになってGood

EZ1D11は電気工事向けに最適化された小型電動ドライバーといえます。

トルクが小さいなどデメリットもありますが、これは電気工事では問題ない範囲です。さすがパナソニックといったところでしょうか。

総じて電気工事をされる方はきっと満足できる製品です。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
工具
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント