【電気用語解説】責任分界点

スポンサーリンク
電気用語
スポンサーリンク

責任分界点とは?

責任分界点とは、電力会社と需要家の責任範囲の線引きのポイントである。

高圧受電の需要家であれば、主にPASの一次側接続点である。地中化されている場所などでは、この限りではない場合がある。

低圧受電の需要家であれば、引込線の取付点である。一般的に電力会社の電柱から家屋に電線が引き込まれている。それの家屋側の取付点を指している。一般家庭はこれに含まれる。

責任分界点を境目に、責任及び資産が分かれる。引込線は電力会社の資産になり、断線などの場合は電力会社にて修繕する。逆に責任分界点以降は需要家の責任及び資産になり、何かあれば需要家にて修繕する。

しかし計器用変成器(VCT)、電力量計、サービスブレーカー(リミッター)などは、責任分界点より需要家側に設置されているが、電力会社の資産になる。

責任分界点の「分界」の部分は「分解」と間違えないように注意すること。「分界」とは「境目をつけて分けること」の意味がある。

コメント