スマートメーターのサービスブレーカー(リミッター)ってどこにあるの?

その他
スポンサーリンク

サービスブレーカー(リミッター)ってなに?

家の分電盤にはサービスブレーカーというものが設置されています。リミッターとも呼ばれています。そんなの知らないよって方はこちらの記事を見て下さい。

電力会社の契約アンペア数を確認しようと思えば、このサービスブレーカーを見れば30とか50と書いてあるのでそれで判断することができました。請求書でも確認はできますが。私もあるとき契約アンペア数を確認しようとしたところ、サービスブレーカーがないことに気づきました。

疑問に思い調べたところ、最近の家ではサービスブレーカーが設置されていません。それはスマートメーターが関係してくるのです。

スポンサーリンク

スマートメータってなに?

最近はスマートメーターが普及し始めて、新築の家やマンションなどはほとんどスマートメーターになっています。

今までのメーターはただ電力量を計測するだけの機能しかありませんでした。しかしスマートメーターは遠隔での検針や電気の見える化の為の機能などメーター1つで色々なことができます。特に遠隔での検針は電力会社にしてみれば、毎月各家庭を回って検針していたことを自動化できるので大きなメリットがあると思われます。

また最近はやりの新電力に変更しようと思ったら、まずはスマートメーターに変えなければなりません。それはスマートメーターによる遠隔の操作で、電力会社の変更ができるようになっているのです。

サービスブレーカーがない!

スマートメーターが設置されている家では、サービスブレーカーが設置されていません。私も最近まで気づきませんでした(笑)。どこにあるのか調べてみると、スマートメーターに内蔵されているとのことでした。

ここでまた疑問が出てきます。電気の使い過ぎで切れた場合はどやって入れるの?

スマートメーターを見てもどこにもスイッチみたいなものは見当たらないし、わざわざ電力会社に連絡しないと復旧できないの?とも思いました。



自動で復旧する!

スマートメーターでは電気の使い過ぎでリミッターが動作した場合は、数十秒後に自動で再投入されます。そして短時間の間に動作→再投入が繰り返されるとロックされて再投入されなくなります。その場合は電力会社に連絡しないと電気を戻すことができません。遠隔で操作できるのか、現地で操作しないといけないかは私が調べた限りでは不明でした。

一旦停電すればエアコンや電子レンジなど消費電力の大きい機器は大抵が電源が切れ勝手には再起動しないと思います。勝手に電源が入るのは冷蔵庫や電気ポットぐらいだと思います。なので何回も動作→再投入を繰り返すようなことは可能性として低いでしょう。

もしも台風等の災害でもないのに停電して少しして電気が戻るようなことがあれば、各機器の電源を入れるのは慎重に1つずつ実施してください。いきなり全部入れるとまた切れ、繰り返すと停電が長引く可能性がありますので注意しましょう。

電力会社によって異なる?

先ほど数十秒や短期間とあいまいに書きましたがこれには理由があります。それは各地域の電力会社によって違うからです。再投入が早いのは九州電力で10秒、遅いのは北陸電力で1分や期間については時間も回数もバラバラです。電力会社のホームページなどに書いてあると思うので、自分の地域の電力会社はどうなっているのか調べておくといいのかもしれません。

また注意なのが関西、中国、四国、沖縄電力については契約の形態が違い、そもそもサービスブレーカーが設置されていません。なのでスマートメーターにも内蔵されていません。



スポンサーリンク

まとめ

  • サービスブレーカーはスマートメーターに内蔵されている。
  • 切れた場合は自動で再投入される。
  • 何回も繰り返すとロックされ自動では電気は戻らない。
  • 関西、中国、四国、沖縄電力にはそもそもサービスブレーカーの概念がない。

スマートメーターについてはまだまだ普及し始めている段階なので、電気に詳しい人でも知らないことが多くあります。

この記事が皆様のお役に立てれば幸いです。

コメント