電工番長ができました!

電気工事士取得応援サイト「電工番長」を開設しました。

詳細はこちら

力率改善による電気料金の割引

その他

どうもじんでんです。今回は力率改善による電気料金の割引について解説します。力率割引は、比較的に簡単に電気料金を削減できる方法です。

スポンサーリンク

電気料金の仕組み

まずは電気料金が、どの様に決められているかを説明します。今回は力率割引が関係する、高圧需要家に絞って説明します。

高圧需要家の電気料金は次の様に決まります。

電気料金=基本料金+使用量+再エネ賦課金+燃料調整費

またその中でも、基本料金は次の様な内訳になります。

基本料金=契約電力 ×単価×力率割引

力率割引は、力率を改善する事により受けられる割引です。計算式を見てわかる様に、力率の改善は基本料金の割引に大きく関係します。

スポンサーリンク

力率とは

まず始めに力率について知っておく必要があります。

力率について詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

スポンサーリンク

力率改善による割引

電力会社は、力率の基準を85%としています。そこから100%に近づくのを改善とし、逆に0%に近づくと悪化とします。

そして力率を1%改善する毎に1%の割引を受けられます。悪化すると1%の割増が発生します。

最大で15%の割引を受けることができます。

スポンサーリンク

なぜ力率改善で割引かれるの?

力率が悪いと、実際に消費される電力以上に電力を供給しないといけません。この供給する電力を「皮相電力」と言います。しかし電気使用量として計測されるのは、消費電力だけです。

電気を供給するにあたり、電力が大きくなると比例して対応する供給設備が必要になります。代表的なのは変電所の変圧器や、送電線や配電線などの電線です。変圧器の容量を大きくしたり、電線のサイズを大きくしなければなりません。

逆にいうと力率が悪い需要家が多いと、供給設備を圧迫してしまうとも言えます。しかし電気料金としては消費電力しか請求できないので、電力会社は損をしてしまいます。

よって需要家が力率を改善すると、電力会社は供給設備を効率的に利用できます。供給設備を効率的に活用できるということは、設備投資が少なくなるとも言えます。

これが力率改善で割引を受けることができる理由です。

スポンサーリンク

どの様に計測しているのか?

力率は、需要家毎に電力会社のメーターにて計測されています。

1ヶ月間の毎日の昼間時間帯(8時〜22時)に計測された、有効電力と無効電力から当月の力率を算出します。

メーターを見た事がある方はご存知かもしれませんが、メーターに検針時の力率が表示されます。これは全日の平均力率で、力率割引の為の計測ではないので注意が必要です。しかしこれが100%を表示していれば、自ずと昼間力率も100%といえますね。

あくまでも力率割引に算定する力率は、昼間時間帯の有効電力と無効電力から算出されます。

スポンサーリンク

力率が短時間だけでも悪くなったらどうなる?

多くの高圧需要家では、高圧進相コンデンサによる一括での力率改善をしています。比較的に安価な力率改善方法です。しかし高圧進相コンデンサの故障などにより、回路から自動的に切り離される可能性があります。そうなると力率が一気に悪化します。

この高圧進相コンデンサの切り離しに気付かないと、力率割引を受けることができない可能性が高いです。

では故障警報などで素早く高圧進相コンデンサの異常に気付き、復旧させた場合はどうなるでしょう?単純に考えると、どう考えても100%にはなりません。しかし場合によっては100%を維持できる場合があります。

電力会社の供給約款の力率の項目には次のように記載があります。

力率の単位は,1パーセントとし,その端数は,小数点以下第1位で 四捨五入いたします。

これから言えることは、99.5%以上は100%として扱うということです。力率が悪化していた時間と全体の使用量にもよりますが、力率を100%を維持できる可能性があります。

参考として知っておくと良いでしょう。

※この供給約款は九州電力のものを参照しています。電力会社によっては、違う可能性がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

力率改善の方法

これについては別の記事にしたいと思います。

もうしばらくお待ち下さい。

スポンサーリンク

まとめ

  • 力率を改善すると電気料金の割引を受けられる
  • 力率割引は基本料金に適用される
  • 需要家の力率が改善すると電力会社は設備を効率的に使える
  • 力率は昼間時間帯の有効電力と無効電力から算出される

力率割引は、簡単に電気料金を安くする方法の1つです。もし現在の力率が悪ければ、検討する価値があるでしょう。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

コメント

スポンサーリンク