ちゃんと理解してる?接地のED(ELB)ってなに?

ちゃんと理解してる?接地のED(ELB)ってなに?のアイキャッチ 電気工事
当サイトはアフェリエイト広告を利用しています。

どうもじんでんです。比較的最近の建屋では、接地極にEDとは別にED(ELB)が施設されていることがあります。このED(ELB)は、何の為にあるか理解されているでしょうか。

個人的な見解では、意外と理解されていないように感じています。

今回はそんなED(ELB)について解説します。

スポンサーリンク

接地の基本

ED(ELB)について解説する前に、簡単に接地の基本を解説します。

接地には「保安用接地」「機能用接地」「雷保護用接地」などの種類があります。電気事業法で定められている接地は、主に保安用接地を指しています。

接地の主な目的は、漏電による感電や火災を防ぐ為です。接地を施すことで人が感電するのを防いだり、各種保護装置が確実に働くようになっています。

その接地は用途別に、大きく4種類に分けられます。その種類と主な用途は次のとおりです。

  • A種接地・・・使用電圧が高圧以上の機器用
  • B種接地・・・変圧器の混触防止用
  • C種接地・・・使用電圧が低圧で300V超過の機器用
  • D種接地・・・使用電圧が低圧で300V以下の機器用
スポンサーリンク

EDとED(ELB)

さて本題のED(ELB)ですが、これは種類で言えばD種接地となります。

ED(ELB)は、ED(ELCB)などとも表記されますが、同じものと考えて大丈夫です。

なぜEDとED(ELB)の2つのD種接地を施設する必要があるのでしょうか。

地絡時のELB回路の保護の為

ED(ELB)を施設する理由は、地絡時のELB回路の保護の為です。ELBは漏電ブレーカーを指しています。逆に通常のブレーカーをMCCBと言います。

低圧回路の地絡は、一般的に漏電とも言います。

漏電が発生すると電圧が上昇して、接地を施している金属外箱などに電圧が現れます。これに人が触れば感電します。

回路のブレーカーがELBだった場合は、漏電したら瞬時に遮断されます。しかしMCCBの場合は、漏電しても遮断はされません。

回路の保護にELBを採用するかどうかは様々な要素が絡みますが、一般的には、危険性が高い回路はELBで保護します。

接地極が共通だった場合

仮にD種接地の接地極が1つしか無い場合を考えてみます。全ての低圧機器のD種接地は、同じ接地極に繋がっていることになります。

MCCBの回路で地絡が発生した場合は、漏電が継続します。すると全てのD種接地箇所で電位が上昇し、電圧が現れます。

これはELB回路でも同様で、触れば感電する状態となります。

せっかくELBで保護している回路なのに、感電の可能性があるのは非常に危険だと分かりますね。

接地極を分けた場合

前述のようにならない為に、EDとは別にED(ELB)を施設します。ELBで保護されている回路の機器の接地はED(ELB)に接続します。それ以外の機器の接地はEDに接続します。

先ほどと同じ状況で考えてみましょう。

MCCBの回路で漏電が発生して電圧が上昇しても、電圧が現れるのはEDに繋がっている機器のみです。ELB回路は別の接地極なので、電圧は現れません。

このように接地極を分けることで、漏電時のELB回路への影響を無くしています。

2Ω以下なら共用も可能

ED(ELB)の施設に関しては、内線規程の勧告として定められています。電気事業法では定められていません。

その内線規程では、共用可能な条件も定められています。

それは接地極が2Ω以下の場合です。使用する接地極が2Ω以下であれば、共用が可能です。

これは2Ω以下であれば漏電時の電位の上昇する値が小さくなり、感電の危険性が小さくなる為です。

スポンサーリンク

まとめ

  • ED(ELB)はD種接地の1つ
  • ED(ELB)はELBで保護された回路の機器用の接地極
  • 共用だとELB回路でも感電する可能性がある
  • 内線規程の勧告として定められている

ED(ELB)は電気事業法で定められておらず、内線規程で定められている内容です。よって比較的大きな事業場では施設されていますが、小さな事業場では施設されて無いこともあります。

またED(ELB)を理解せずに、増設工事で誤った接地極に接続されることも散見されます。誤って接続すれば、D種接地を分けた意味がなくなります。

ED(ELB)についての理解が広まればと思います。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
じんでん

当サイトの運営者。
電気設備の保守管理の仕事に携わっています。専門知識ってネットでは出てこないか、難しすぎるって場合がおおくないですか?そこで私は電気関係の仕事で役立ちそうな情報を簡単に分かりやすく発信しています。
〔保有資格〕
・第3種電気主任技術者
・第1種電気工事士
・消防設備士

じんでんをフォローする
電気工事
スポンサーリンク
じんでんをフォローする
電気屋の気まぐれ忘備録

コメント

  1. コメント失礼します。
    いつも拝見させて頂いております。
    自分も、電気工事に携わっておりまして
    最近の現場ではED(ELB)接地を求められる機会が増えてきたように感じます。
    しかしながら、いくらD種とELBアースを分けても
    例えば、室外機を設置したときに、室外機に接続した配管のラジアースをD種から取るとします
    室外機の電源はELBなので、室外機のアースはELBアースに接続すると
    機器を通じてD種とELBアースが混触してしまうということが発生してしまいます。
    同じように照明器具のアースをELBアースから取ったとしても
    軽天からボルトで吊ってある様な器具の場合は軽天から伝ってD種と混触することになります。
    上記の様な内容から、ELBアースの施工について疑問を持ち始めているのですが
    何か解決策はあるのでしょうか

スポンサーリンク