SOGってなに?

スポンサーリンク
高圧受電設備

どうもじんでんです。今回はSOGについて記事にしました。SOGは高圧受電設備には無くてはならない保護装置ですよね。

スポンサーリンク

SOGとは?

SOGとは、高圧受電設備の責任分界点に設置されるPASにセットで付いている保護継電器です。SOGは「Storage Over Current Ground」の略称です。

スポンサーリンク

SOGを構成する要素

SOGは高圧受電設備の重要な保護装置として、2つの要素を持っています。

SO要素

1つ目が「SO」要素です。「Storage Over Current」の略称で、「蓄勢過電流」の意味があります。

名前の通り過電流で動作します。高圧受電設備ではPAS〜高圧ケーブル〜VCB〜高圧機器と繋がっています。VCBより下位で短絡すれば、VCBと過電流継電器(OCR)により保護が可能です。しかしVCBより上位で短絡するとどうなるでしょう。そうその保護が今回の「SOG」によっておこなわれます。※LBSタイプの受電設備でも同じです。

SOGは動作するとPASを開放します。しかしPASは開閉器であり、遮断器ではありません。なので短絡電流のような大電流は開放する事ができません。その為にSOの動作時には特殊な動作をします。

まずPAS内蔵のCTにて過電流を検知すると、開放しない様にロックします。この時に地絡を同時に検知しても、ロックされているので開放されません。過電流により、さらに上位の電力会社の変電所の遮断器が遮断します。これにより過電流が無くなると共に、無電圧になります。この「無電圧」+「過電流の無くなり」を検知すると、SOが動作しPASを開放します。

簡潔に説明すると次の様になります。

  1. 短絡が発生
  2. PASが過電流を検知してロック
  3. 電力会社の遮断器が遮断して停電
  4. PASが「無電圧」と「過電流の無くなり」を検知
  5. SO動作にてPASを開放
  6. 電力会社は順次送電される

GR要素

もう1つの要素が「GR」要素です。これについては、通常の地絡継電器と同じです。詳しくはこちらの記事を参照下さい。

スポンサーリンク

波及事故じゃないの?

SO動作時に電力会社の遮断器が切れる事で、付近一帯が停電します。これは「波及事故のじゃないの?」と思われる方もいるかもしれません。しかしSO動作の為の1回の停電は、波及事故に該当しません。波及事故について詳しくは、こちらの記事を参照下さい。

スポンサーリンク

まとめ

  • SOGはPASとセットで設置される保護継電器
  • 「SO」と「GR」要素で構成される
  • SO要素は過電流保護の為の要素
  • PASは大電流を開放できない
  • SO動作では電力会社の遮断器が切れてから、無電圧でPASを開放する
  • SO動作による1回の停電は波及事故には該当しない。
  • GR要素は通常の地絡継電器と同じ

SOGはとても大切な保護装置です。特にSO要素についてはキチンと理解しておきましょう。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

コメント