【レビュー】変形がすごい!どんなとこでも照らせる!工事用充電LEDマルチライトEZ3720

工具関係

作業照明って大事ですよね!

電気関係の作業では、電気を止めて作業ってよくありますよね。止めないと感電しますもんね(笑)そんな時に必須となるのが照明!ヘルメットにヘッドライトはつけていても別途、照明があると作業が捗りますよね。昔は発電機などで100V電源を用意して明かりの確保をしていたものです。時代は進化してLED化しバッテリーで長時間動くものがあり、電源の準備の手間が省けました。便利になったものです。

パナソニック EZ3720 工事用充電LEDライト

私も色々な充電式ライトを使っているのですが、ちょっと変わった形のライトを紹介したいと思います。それはパナソニック製の工事用充電LEDライトEZ3720です。

見た目が変わっているでしょ?(笑)これのすごいのが、変形して様々な角度を照らすことができるのです。

こんな形にも~

あんな形にも~

すごくないですか?1台で複数の方向に照らせるって結構、便利ですよ。欲しいところに自在に照らせるのはストレスから解放されます。

スペック

光束 約450ルーメン(明るさ:強)
照度 約900ルクス(40cm前方)
点灯モード 明るさ3段階切替(強<100%>、中<約50%>、弱<約10%>)
連続点灯時間

強(明るさ100%) … 約2時間

中(明るさ約50%)… 約4時間

弱(明るさ約10%)… 約16時間

いいところ!

やっぱりこれの良いところは、様々な向きに照らせるってとこです。例えば両面を同じ向きに向けて広範囲を照らすのもよし、片面は端子台で片面は手元のネジ入れでもよし。サイズは、盤内とかで使うにはちょうどいい感じです。部屋一室を全体的に照らすには少し物足りないかもです。

底面にはオプションのマグネットベースを取り付ければ、金属部に固定できます。分電盤などに、簡単に固定できるのもポイントが高いですね。マグネットは強力でちょっとやそっとじゃ取れません。マグネットが使用できない場所では、吊り下げフックも付いているので使用場所は選びません。

あとこれを使っている大きな理由があります。それは、パナソニックのペンドライバーのバッテリーと共通なのです。バッテリーが兼用できるっていいですよね。工具の価格の高さって、ほとんどバッテリー代みたいなもんですから(笑)。現場で電池が切れてもペンドライバーのバッテリーを外してつける、なんて使い方もありです。急な照明切れは困りますもんね(笑)。点灯モードを『強』で使用すると、スペック上2時間しか使用できません。しかし、『弱』でもそこそこの明るさがあります。私はほとんど『弱』で使用しています。

イマイチなとこ!?

照度やバッテリーの持ち、大きさ言うことなしの良いライトなのですが、唯一の欠点と言えば価格が高いこと!パナソニックさんの工具は、全体的に高いのでわかっていることなのですが(笑)。でもその分、性能はバッチリです。

あとちょっとしたことなのですが、バッテリーの入れ替えにマグネットベースを外さないといけないのです。そんなに不便ってことでもないのですが、外さずに交換できるといいですね。

まとめ

  • 他にはない変形による使い勝手のよさは一度使うとやめられない。
  • ペンドライバーのバッテリーと共通なので、急な電池切れにも対応できる。
  • 吊り下げフック、マグネットベースなどで様々な場所に設置可能。
  • 価格は高い(笑)。でもその分性能は申し分なし。

今回は、現場で使うライトの紹介をしました。ライトはいろんな種類があり、購入も迷いますよね。この記事で少しでも皆さまのお役に立てれば幸いです。ありがとうございました。

コメント