電工番長ができました!

電気工事士取得応援サイト「電工番長」を開設しました。

詳細はこちら

電線の単線とより線のサイズ単位と変換!

電気工事
スポンサーリンク

単線とより線とは?

どうもじんでんです。今回は電線のサイズについてのお話です。

電気工事などで使われる電線には、大きく2つの種類に分ける事ができます。それは導体が単線かより線かの2種類です。

単線とは…導体が1本で構成されているものです。特徴は頑丈で、幹線などに多く用いられます。身近なものだとVVFケーブルの導体です。

より線とは…導体が複数の導体を撚って構成されているものです。特徴は柔軟性が高い事です。

スポンサーリンク

電線のサイズの単位

電線にはサイズがあり、許容電流などに影響してきます。そのサイズに注意点があります。それは単線とより線では単位が違うのです。

  • 単線は「mm」
  • より線は「m㎡」又は「sq」

単線は導体の直径で、より線は導体の断面積で表されています。これにより単純に数字だけでは比較ができません。

スポンサーリンク

サイズの変換

例えばVVFケーブルの1.6mmは単線です。これを「m㎡」に変換するとどうなるでしょう。

数学の問題になりますが、円の面積は「半径×半径×3.14」になります。1.6mmは直径ですので、半径は0.8mmになります。

これらより「0.8×0.8×3.14=2.0096」になり約2m㎡となります。

スポンサーリンク

なぜ変換が必要なの?

サイズの変換は、電線同士の圧着接続や圧着端子の取付時に必要になります。

稀に単線に丸形端子をつけたり、単線とより線を相互に接続しなければいけない場合があります。もちろん、そうならないように施工できれば一番いいです。

丸形端子などはより線への取付を基本としているので、サイズもより線の「m㎡」になっています。VVFケーブルの1.6mmに丸形端子を付けようと思えば、先の変換で2m㎡になるのでそれに適合するものをつけましょう。

他にも圧着スリーブのP形やB形もサイズは「m㎡」です。E形(リングスリーブ)は「mm」になります。状況によりサイズを変換してキチンと圧着接続しましょう。

スポンサーリンク

サイズ変換の一覧表

よく使用するサイズを一覧表にしてみました。参考になればと思います。

※小数点第一位でまでで切り捨てています。

単線サイズ ㎟換算
1.6㎜ 2.0㎟
2.0㎜ 3.1㎟
2.6㎜ 5.3㎟
スポンサーリンク

まとめ

  • 単線のサイズは導体の直径で、単位は「mm」
  • より線のサイズは導体の断面積で、単位は「m㎡」
  • 「mm」→「m㎡」は「半径×半径×3.14」で変換する

今回は電線サイズの単線、より線のサイズについて記事にしました。

この記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

コメント

スポンサーリンク